インターネットの解約手続き方法をご案内します。

フレッツ光解約手続き方法

お引越しを伴う解約の場合 お引越先で、継続してインターネット
をご利用になる場合
はこちらから

解約の流れ

Step1 解約前の準備

①契約時の書類を準備

ご契約時に届く「開通のご案内」や「請求書」をご用意いただき記載されている「お客さまID」または「ひかり電話番号」をご用意ください。

②解約金、工事費残債の確認

フレッツ光の割引サービス(にねん割、もっと2割等)をご利用されている場合、契約更新月以外にご解約されると解約金がかかります。
「初期工事費」の分割払いの途中でフレッツ光を解約される場合、初期工事費の残額が一括請求されます。

Step2 解約のご連絡

お電話で解約手続き

「お客さまID」をご用意のうえ、下記番号までご連絡ください。

0120-116-116

受付時間:午前9時~午後5時
土日・祝日も営業(年末年始を除きます)


解約の注意事項
  • 解約されると「ひかり電話」が利用できなくなります。電話番号を加入電話で継続利用する場合は、オペレーターにご相談ください。
  • プロバイダやひかりTV(フレッツ光の付帯サービス)は別途解約手続きが必要です。
  • フレッツ光メンバーズクラブ/CLUB NTT-Westのポイント交換がご利用頂けない場合がございます。

WEBで解約手続き

NTT東日本

※NTT西日本は電話のみの解約受付となります。

Step3 解約後の機器返却

①回収キットの到着

解約手続き後にレンタル機器を返却するための回収キット(専用袋・着払い伝票)が届きます。

②レンタル機器の返送

返却対象の機器をご確認頂き、梱包のうえで専用袋に入れ、着払い伝票を貼り返却してください。
*ご自身で購入された機器(Wi-Fiルーターなど)は返却しないようご注意ください。

他社回線への切り替えの場合 ネットの速度が遅い!月額料金が高い!
など切替えのご相談はこちらから

よくある質問

フレッツ光の解約はメールでも可能ですか?
ご解約のお手続きは、お電話でのお手続きとなり、メールやフォーム送信では解約できません。
フレッツ光を解約するとプロバイダも同時に解約されますか?
フレッツ光とプロバイダは別のご契約となります。別途、お客様ご自身でご契約中のプロバイダを解約していただく必要があります。
引越しをする場合、フレッツ光を一旦解約して、再契約する必要がありますか?
引越しの場合は、解約ではなく移転の手続きをすることで引越し先でもご利用いただけます。ただし、引越し先のフレッツ光の提供状況によってはご利用いただけない場合がございます。お引越し先のご住所が決まりましたらこちらから提供状況をご確認ください。
フレッツ光の解約日を指定することはできますか?
解約日の指定は可能です。解約月のフレッツ光の月額料金は日割り計算になります。ただしご利用いただいているオプションサービスに関しましては日割り計算にならないオプションもございますので解約時にご確認ください。
お客さまIDがわからないのですが?
「お客さまID」はご契約時に送られる「開通のご案内」や「請求書」に記載されています。ご紛失された場合は、再度「開通のご案内」が郵送されます。なお、ひかり電話をご利用中の場合、ひかり電話の電話番号でも解約手続きが可能です。
耳や言語が不自由で電話ができない場合、解約や移転手続きはどうすればできますか?
耳や言語が不自由な方の手続き方法として、FAXを使ったサービスをご利用ください。
NTT東日本 ふれあい案内
NTT西日本 NTTふれあいファクス